バイナリートレーダーとしての心構え(2)

バイナリーオプションで負けた時にやすべきこと

①バイナリートレード手法以外で負けてしまった原因をリスト化するようにしましょう。

 

全てのバイナリートレードがうまくいくことはないため、正しくエントリー(チケット購入)&決済を行って負けた場合を除き、それ以外の理由で負けにつながったことは、全て書き留めることが大切です。

 

例えば、早めの利食い、ナンピン売買、遅すぎた口スカッド等々。これをいつも目に見えるところに置き、それを繰り返さないだけでも、今後の損失は減るでしょう。

 

②バイナリートレードをする前にシナリオを想定する
バイナリートレードで厄介なのは、衝動的にポジションを増やしたり、チャートを見ていたら何げなくエントリー(チケット購入)をしてしまうということです。エントリー(チケット購入)ボタンを押す前に、そのエントリー(チケット購入)はバイナリーオプション運用のバイナリーオプション運用のルール通りのものなのか、またポジションがどの時点になったら出口とするのかを、あらかじめ自分に言い聞かせる習慣を身につけましょう。

 

③損失への恐怖を減らす
資金がみるみるうちに減ってしまうことは怖いですが、資金量を調整し、そのバイナリートレードでいくらまでなら負けを認めるというバイナリーオプション運用のバイナリーオプション運用のルール作りも大切です。

 

④利益になった日よりもバイナリーオプション運用のバイナリーオプション運用のルールを守れたことを大切に考える
利益になった囗ほど、淡々と過ごし、バイナリーオプション運用のバイナリーオプション運用のルールをしっかり守れた日は、そのときの感情を書き留め、それを日々忘れないようにすることが大切です。

 

⑤あらかじめ連続負けがあった場合を想定して、ポジション量を考えておく
勝率が7割を超える手法でも、途中に5~7連敗することは確率的にも起こります。そのようなことも長いバイナリートレードの中では当たり前と心に留め、退場とならないよう資金に余裕
を持つ必要もあります。

 

そして、一番に考えていただきたいことは、次の事柄です。相場をコントロールすることはできないですが、自分自身をコントロールすることはできるということを、強く思ってください。この世界で頼れるのは最終的には、自分自身ですので、バイナリートレード手法の確立と同時に規則作りを行い、それを実行し続けるようにしていただきたいと思います。