バイナリートレーダーとしての心構え(1)

負けバイナリートレードが続くこともある

最初にぶつかる大きな壁この世界(相場)に入ったきっかけは、いろいろあると思いますが、多くの方は、今よりも稼ぎたいという気持ちを持っていたと思います。そして、いろいろと基礎を学び、バイナリートレードを続けていくうちに、必ずぶつかる壁があるので注意が必要です。

 

それは、負けバイナリートレードが続き、損失が膨らんでしまうことです。多くの場合、負けバイナリートレードが続くと、それまでやっていた「売買手法」が間違っているのかと思い、何か優れたバイナリートレード方法がないかと探し始めることになります。

 

しかし、優れたバイナリートレード方法を探すことは良いのですが、同時にメンタル面を強化することも大切です。理由は、どんなに優れたバイナリートレード手法を使い、またロスカットを正しく行ったとしても、負けバイナリートレードが続くこともあるからです。

 

例えば、(A)の時点で、それまで高値で推移していたレートが下落。そこで買いエントリー(チケット購入)を行ったとします。しかし、その後再び下落し、バイナリーオプション運用のバイナリーオプション運用のルールにしたがってロスカットをします。ここで正しい行動をしたとしても、その後、再び上昇に転じたことで(B)、再び買いエントリー(チケット購入)を行ったとします。しかし、その直後に急落となってしまうと、今度は決めていたバイナリーオプション運用のバイナリーオプション運用のルールを守れず、結果、大きな損失を抱えてしまいます。

 

バイナリーオプション

 

為替相場の世界では、ポジションを取った瞬間から、その先は「分からない」という認識を持つことが大切です。そのポジションに固執したり、絶対に負けたくないという気持ちが強かったりするほど、自分を追い込んでしまいます。